2013年8月30日金曜日

秋の造形科習作展 2013



最近では一雨ごとに涼しさを増し、秋の訪れが近いことを感じます

大人の絵画教室では、今年も10月に習作展を開催します







今年の春から制作された作品の数々を、是非この機会に出品されてください

普段は個人授業でばらばらに制作をされていますが、
展覧会では一同に集め、ごらんになることができます。

他の方の作品を見て刺激を受けるのはもちろん、
ご自身の作品を額装し、展示することで、またいつもとは違って見えてくるはずです



日程:10月15日(火)~20日(日)
時間:11:00~19:00(最終日は17:00まで)
場所:d3 Gallery(d3 Art Studio1階)




また、今回も懇親会を行います!

日程は10月13日(日)を予定しております

いつもはギャラリーにて食事会を行っていますが、
今回は少し趣向を変えた懇親会にしたいと計画中です♪

習作展に出品されていない方でも参加できますので、
皆様ふるってご参加ください!





2013年8月27日火曜日

夏の造形科近況


1ヶ月の夏期講習会も終わり、現在は造形科も通常通りの曜日で授業を行っています。



こちらは透明水彩でほおづきを
講師が少し手を加えて、描き方を指導しています




木炭で牛骨を描く
大きな塊として牛骨をとらえ、全体の質量を出していきます
また、経年劣化した骨としてのカラッとした質感
中の空洞の奥行き感の表現など、石膏像とはまた違ったポイントもあります



こちらの生徒さんは、お仕事に活かしたいとのことで、
補助線による立体や室内の作図をされています


本日は、応用として相貫体を描いています
四角錐を四角柱が貫いている形
立体の中にある平行・垂直のポイントを探すことが鍵となります



こちらは本日から油彩をはじめた生徒さん
これはりんごとレモンを描く基礎の課題です
基礎課題が終了したら、火曜油絵教室で同じカリキュラムを進めていきます



こちらは火曜油絵教室の生徒さん
今回は名画の模写をしています
緻密な描き味が魅力の生徒さんですが、
精緻に描かれた原画を眺めながら苦労されています

2013年8月9日金曜日

講師の勉強会


 8月 立秋も過ぎ日々日照時間は短くなっているにも関わらず、日本列島を酷暑が襲っています。身体に厳しい残暑はまだまだ続きますが、睡眠時間をしっかり取り体調管理に万全を期したいですね。


 今回は講師の勉強会を少しだけご紹介いたします。d3 Art Studio / ディーキューブアートスタジオは「造る力を養う授業」を考え生徒に提案します。この会の目的は、そのために備えておきたい教養を身につけることです。

〈講義、実習:石膏デッサン〉


先ず最初に担当講師から指導内容の説明があり、描き進める時のポイントを解説しながらのデモンストレーションで会が進行します。





石膏という特定モチーフのデッサンですが、見方・考え方は何に対しても通じるところがあり又役に立つと改めて訓戒された講義でした。私たちはこういう講義を重ね各々の専門分野の研究に勤しみ、更に活動領域を拡大しながら教育の可能性を模索しています。





 さて、造形科(社会人)の授業は毎月サラサラと流れ、その中で皆さんの努力の賜物(良い習作)も多々出来ているようです。


また改めて告知しますが、10月に「大人のための絵画教室 習作展 2013秋」をディーキューブギャラリーで開催いたします。その時並ぶ力作にご期待下さい。



2013年8月4日日曜日

8/3の造形科

こんにちは

受験科の夏期講習会の都合により、開講日に変動があって造形科の皆さんにはご迷惑をおかけします

毎週土曜日にはたくさんの生徒さんに来ていただいているのですが、次週8月10日と、24日の土曜日は造形科休講日となっております
どうぞお間違えの無いようよろしくお願いします



さて、昨日の造形科です

小倉の街はわっしょい百万夏祭りの真っ最中で、昼間から賑わいを見せています


教室の中にもかすかに音楽やたいこの音が聞こえていました


基礎デッサンをされている生徒さん
木片を二つ配置し、空気遠近法を学びます


中学生の生徒さん
今はペン画に挑戦しています
石膏の立方体とガラス球を魅力的に描写するため、
時間をかけて丁寧に作業を進めます



こちらは段ボールによる立体構成をされている生徒さん
これは主に受験科が行う課題内容なのですが、
お仕事に活かしたいとのご希望で、このような課題に。

段ボールによって魅力的な立体を制作し、
それをよい光の元に置いてデッサンします

なかなかのハードワークですが、根気強く制作をされていました